ケアマネージャーとケアプランの作成

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーとケアプランの作成

ケアマネージャーにおけるもっとも重要な仕事といえるのがケアプランの作成です。

 

介護保険制度はケアプランに基づいたうえで、いかに適切なサービスを受けられるかが生命線となっています。

 

その人に合わせたサービスを考慮し、介護保険制度の適用範囲内でプランを作成する必要があります。

 

またサービスを提供する事業所の選択や交渉もケアマネージャーの重要な仕事です。

 

介護を受ける人の希望を最大限に取り入れることはもちろんですが、置かれている環境に合わせて最適な環境をプロの視点で判断する必要があります。

 

ここが、まさにケアマネージャーとしての最大の腕の見せ所となります。

 

このケアプランの作成は、介護が必要な人とサービスを提供する事業所との橋渡しになりますから、コミュニケーション能力や交渉の力問われます。

 

予算を検討し、その範囲内で必要なサービスを提供してくれるかどうかをしっかりと見極めなければなりません。

 

見積書を作成したうえで事業所に提出し、それをもとに詳しい内容を話し合っていくことになります。

 

また、場合によっては複数の事業所を利用するケースも出てくるため、予算だけでなく日程や利用方法などの調整も必要となってきます。

 

ケアマネがいかに理想的なケアプランを用意してくれるかで、その人の介護環境が決まってくるといっても過言ではありません。

 

ケアマネージャーが介護保険制度の中核を担うといわれるのも、このケアプランの重要さゆえです。責

 

任が重い分、やりがいのある仕事ともなるでしょう。