ケアマネージャーと給付管理

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーと給付管理

介護保険制度の核となるものの一つに介護報酬の支払いがあります。

 

報酬は、利用者が1割を負担し、残りの9割を介護保険で賄うシステムになっています。

 

これをしっかりと機能させることもケアマネージャーの重要な役割となります。

 

また事業所にとっても介護保険からの報酬の支払いが経営の軸となるわけですから、きちんと支払われることが大前提となります。

 

増大する報酬の負担もあり、給付を受けるためには厳密な仕組みが作られています。

 

不正な請求を防ぐために、事業所だけでなくケアマネージャーの給付管理能力も大変重要となっています。

 

実際にサービスを提供した事業所の請求とケアマネージャーの報告とが一致した場合に、はじめて報酬が給付されることになります。

 

ケアマネの報告は「給付管理票」という形で行われます。

 

つまり正確に報告することで事業所の仕事内容や信頼性を保証することにもなります。

 

それだけに責任の重い作業ということが言えます。

 

ですから性格的にアバウトな人はケアマネに向きませんし、冷静な判断力が資質として求められます。

 

なお、この給付管理票を提出する際に介護サービス計画費を請求することになり、これがケアマネージャーの直接の報酬となります。

 

給付管理がしっかり行われるかどうかはケアマネ本人の収入にも直接影響が出てくるということも言えます。

 

給付管理は、ケアプランの作成に比べると地味な印象もある仕事ですが、実はとても大切な仕事であるということが分かっていただけるかと思います。