ケアマネとモニタリング

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネとモニタリング

ケアマネの業務といわれてまず何を連想するでしょうか。

 

多くの人はケアプランの作成と要介護認定の申請代行を浮かべることと思います。

 

しかしそれと同じくらい重要な仕事にモニタリングがあります。

 

モニタリングとは、ケアプランに基づいてしっかりとサービスが提供されているか、そしてケアプランがその人に合っているかどうかを随時確認する仕事です。

 

そして、そういったサービスが長期にわたる場合もあります。

 

その間、介護を受ける人がずっと心身ともに快適な状況で過ごしてもらう必要があります。

 

当初のケアプランに問題が発生している可能性や、健康状態・家庭環境の変化によってそぐわなくなっている可能性を踏まえて定期的にチェックする必要があるわけです。

 

そして必要ならばケアプランの再作成も行われます。

 

その意味ではケアプラン以上に重要な役割といえるでしょう。

 

ケアマネは原則として月に一回、サービス利用表を作成して、要介護者とサービス事業所の両方に提出する必要があります。

 

そしてその際によく話し合い、相応しいサービスが提供されているか、問題が発生していないかどうかを確認します。

 

事業所へも要介護者に何か問題が発生していないかを確認しておくきます。

 

また、要介護者の健康状態の変化によって要介護認定の変更が必要になってくる場合もあります。

 

この申請もケアマネが代行することが可能です。

 

このように、ケアマネの仕事はケアプランを作成したら終わりではなく、その後の要介護者と施設との橋渡しを継続して行うことが求められるのです。

 

きめ細かな対応ができるかでケアマネージャーとしての資質が問われることになるでしょう。