ケアマネージャーの求人

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの求人

福祉業界では慢性的な人手不足に陥っているといわれています。

 

ケアマネージャーに関してもそれは同様で、インターネットなどでも求人情報をよく見かけます。

 

しかし、ケアマネージャーの有資格そのものは飽和状態にあるとも言われています。

 

それにも関わらず人手不足が指摘されているのはこの資格独特の要因があります。

 

ケアマネージャーという資格はヘルパー職のように直接現場に携わるわけではありません。

 

そして安定した給与が保証されているわけでもないのです。

 

そのため医師など他の仕事と兼業で従事している人が多く、必ずしも資格を取得している人が充分な環境で役割を果たしているとはいえない面もあるのです。

 

また、資格を取得するだけで実際の業務はほとんど行っていないケースも多いようです。

 

もうひとつの問題は収入の問題です。

 

取得が難しい資格の割りには収入の面で物足りない面があると言われています。

 

またケアマネージャー一人が担当できる要介護者の件数が制限される傾向があり、収入が頭打ちになってしまう点も問題となっています。

 

ですから、求人に関してもまず待遇面が重要なポイントとなってきます。

 

どの程度この仕事に重点を置くのか、どの程度の収入を期待しているのかで求人情報をチェックする必要があるのです。

 

兼業の場合は雇用環境にも注意が必要となるでしょう。

 

それから勤務先です。

 

福祉関連施設は都心部に集中する傾向を見せており、求人も都心に多く、地方では少ない傾向にあります。

 

これは今後改善されていくべきが重要なポイントとなりますが、資格取得後の就職を目指している方にとっては、頭に入れておく必要があります。