ケアマネの転職について

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの転職について

ケアマネの転職について大きく分けて2つの種類があります。

 

ひとつは医師や看護師、介護福祉士などこれまで従事していた仕事からケアマネに転職すること、もうひとつはケアマネとしての職場を変更することです。

 

ケアマネのほとんどは兼業と言われています。

 

つまり他に仕事を持った上でケアマネの仕事も並行して行っているわけです。

 

ですからケアマネの転職に関してはトータルでどれぐらい収入を得ようと考えているかがまずポイントとなるのです。

 

また、1日にどれぐらいの時間をケアマネの仕事に割けるのか、という点もポイントになります。

 

そして、軸足をケアマネに置くのか、それとも他の「本職」に置くのかも重要です。

 

転職の際には単に給与面や待遇面にだけにとどまらない広い視野での検討が必要になるのです。

 

また別な例として、生活環境の変化によって転職するケースも見られます。

 

たとえば結婚を機にこれまでの介護職からケアマネに転職するなどです。

 

現場で働く介護職は深夜労働など激務に晒されることも多く、体力的な面も踏まえてケアマネへの転職を目指すケースも多いのです。

 

この場合はケアマネを専業の仕事として選ぶことになります。

 

このように、ケアマネの転職に関しては、ひとりひとりの事情によって大きく異なっている傾向があります。

 

需要が高く、さまざまな職場からニーズが寄せられているといわれるケアマネですが、事情に見合った職場を見出せないケースも多く、職場探しの際には慎重な検討を求められることになります。