ケアマネージャーと要介護申請の流れ

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーと要介護申請の流れ

ケアマネージャーの重要な仕事のひとつが要介護申請の代行です。

 

介護を必要とする人はまずこの要介護認定を受けた上でその範囲内でサービスを受けることになります。

 

申請は家族が行うこともできますが、ケアマネージャーが専門家として代行するケースが多いのです。

 

では要介護申請から認定まではどのような流れで行われるのでしょうか。

 

申請を受けたあと、市町村では調査員を派遣し、その人の健康状態が要介護認定を受けるに相応しいかをチェックする認定調査を行われます。

 

それから主治医が意見書を作成し、それらの内容を踏まえたうえで一次判定が行われます。

 

そして一次判定の結果元に介護認定審査会が行われ、最終的な判断が下されることになります。

 

そのため、ケアマネージャーは要介護申請に関する正しい知識をしっかりと踏まえておく必要があります。

 

ケアマネ試験でも申請に関する問題が頻繁に出題されており、いかに重要な意味を持っているのかをうかがい知ることができます。

 

また、一次判定の結果に家族や要介護者が不服を感じる場合もあります。

 

認定の度合いによって受けられるサービス内容や利用できる金額が大きく異なってくるからです。

 

意義申立てや区分変更申請を行うことも可能です。

 

これもケアマネージャーが代行することができますし、専門家としてのアドバイスをすることも重要なな仕事の一つです。

 

このように、ケアプランを作成する前に、まず要介護者が正しい介護サービスを受けられるかどうか、要介護認定を受ける段階でもケアマネは重要な役割を果たすことになるのです。