ケアマネの類似資格〜介護福祉士

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネの類似資格〜介護福祉士

ケアマネと同様の介護系の類似資格に、介護福祉士があります。

 

介護福祉士という資格とケアマネはどこが違うのでしょうか?

 

それでは、介護福祉士について解説して見たいと思います。

 

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律のもとに作られた資格で、介護が必要な高齢者に対し、適切なアドバイスやサービスを提供する仕事となっています。

 

介護福祉士のサービスの対象となる方は、介護が必要な方だけでなく、高齢者の家族、認知症患者、身体障害者などがあります。

 

介護福祉士の仕事は肉体労働的な仕事がメインとなりますが、単に介護をするだけではなく精神面なフォローも求められます。

 

ケアマネよりも、より個々の人々の生活に密着した職業ということがいえます。

 

仕事の範囲はかなり広範囲に及びます。

 

ケアマネ以外にも、医師、看護師、言語療法士、作業療法士、理学療法士といった職業の方々と協力し合いながら業務を進めていきます。

 

日本では高齢化が急速に進んでいますので、介護福祉士は今後かなり需要のある資格だといわれています。

 

介護福祉士の資格を取れば、就職率はほぼ100%というデータもあります。

 

介護福祉士の資格を取得するには、当然試験を受けなければなりませんが、受験のためには、指定の学校を卒業するか実務経験3年が求められています。

 

 

試験そのもの合格率は50%となっており、それほど難関資格というわけではありませんが、何も対策をしないでぶっつけ本番で合格できるほど甘い資格ではありません。