ケアマネージャーの5年ごとの再研修

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの5年ごとの再研修

高齢化社会が進むにつれ、福祉業界では量だけでなく質の向上を目指されるようになっています。

 

とくに介護サービスの中核を担うケアマネージャーの質は介護制度の根幹に関わる問題だけに重要なテーマとなっています。

 

そのため、ケアマネの資格は取得したら終わりではなく、質を維持するために再研修が行われています。

 

これは5年に受ける必要があるもので、これを受けることでケアマネージャーとしての資格・登録を更新する制度となっています。

 

つまり、これを受けなければケアマネとして仕事を続けることが原則としてできないのです。

 

研修科目は幅広い分野にわたっています。

 

大きく分けて「介護支援分野」と「保健医療福祉サービス分野」の2種類があります。

 

それぞれの分野のおもな科目は以下の通りです。

 

介護支援分野
T、基本視点
U、介護保険制度
V、要介護・要支援認定持論
W、介護支援サービス機能・要介護認定方法論

 

保健医療福祉サービス分野
T、高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害
U、訪問介護方法論
V、通所介護方法論
W、短気入所生活介護方法論
X、福祉用具、住宅改修方法論
Y、指定介護老人福祉施設サービス方法論
Z、公的サービス、社会資源導入方法論

 

このように、ケアマネという資格は安定した介護サービスを維持するために5年ごとに研修を受ける必要があるのです。

 

介護保険制度が導入されて10年が経過し、環境の整備だけでなく質の向上・維持が重要なポイントとなってきている現在、この再研修の制度はこれからの福祉業界をより充実したものにするためにも重要な意味を持ってくるでしょう。