ケアマネージャーと教育訓練給付制度

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャー(介護支援専門員)と教育訓練給付制度

ケアマネージャーになるには厳しい受験資格を満たし、なおかつ難関の試験に合格する必要があります。

 

当然合格までには長い道のりが必要になるケースも多く、そのための勉強・対策のために多くの費用が必要になる場合もあります。

 

その費用がネックになって資格取得を断念しなければならなかったり、充分な準備を行うことができないといった問題もでてくるでしょう。

 

そんな問題の対処法として役立つのが教育訓練給付制度です。

 

これはスキルアップのために資格取得を目指す場合に雇用保険からその費用の一部を給付される制度です。

 

再就職の促進と雇用の安定を目指すために導入された制度です。

 

この教育訓練給付制度ではさまざまな資格が給付対象となっており、ケアマネージャーもその対象となっています。

 

まず給付される具体的な金額についてです。

 

ケアマネージャー試験合格に必要な講座などを受講・修了した場合には、支払った金額の20%までを受け取ることができます。

 

ただし、上限は10万円となります。

 

チェックが必要なのはこの制度を利用できる条件です。

 

条件は一つ、ケアマネージャー関連の講座を受講しはじめる日の段階で雇用保険の一般被保険者としての期間が3年以上、もしくは初回利用の場合は1年以上であること。

 

一定期間雇用保険のもとで働いていた人なら誰でも利用することができるのです。

 

ケアマネージャーを目指して講座を受講する場合には、まずこの制度の給付対象となっているかどうかを確認しておくとよいのではないでしょうか。