ケアマネージャーと要介護・要支援認定

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーと要介護・要支援認定

ケアマネージャーは介護を必要とする人のケアプランを作成することが重要な仕事ですが、その際には要介護・要支援認定にあわせたプランを練ることが求められます。

 

また、要介護認定の申請代行もケアマネの重要な仕事となっています。

 

その人に相応しい要介護認定が適応されているのか、それに合わせた介護サービスが提供されているのか、ケアマネはその点について全面的に責任を負うことになります。

 

要介護・要支援認定とは、その人の健康状態に基づいてどの程度の介護・支援が必要なのかを段階別に判定するものです。

 

その段階によって受けられるサービスの内容や介護保険の金額が異なってきます。

 

具体的な内容は以下の通りです。

 

要支援は1・2の2段階、要介護は1〜5の5段階に分かれています。

 

要支援認定を受けた人が受けられるサービスの内容は「目標を設定してそれを達成するための介護予防サービスの利用」が目安となっています。

 

要介護1では「訪問介護・訪問看護・通所リハビリテーション」。

 

要介護2では「週3回の訪問介護、あるいは通所リハビリテーションなど」。

 

要介護3では「1日2回程度の訪問介護や夜間または早朝の巡回訪問介護・訪問看護・通所介護または通所リハビリテーションなど」。

 

要介護4では「1日2〜3回程度の訪問介護や夜間または早朝の巡回訪問介護・訪問看護・通所介護または通所リハビリテーションなど」。

 

要介護5は「1日3〜4回程度の訪問介護や夜間または早朝の巡回訪問介護・訪問看護・通所介護または通所リハビリテーションなど」。

 

ケアマネージャーはこの目安と利用限度額を踏まえたうえで適切なケアプランを練る必要があるわけです。

 

そのためにも介護制度と実際のサービスの熟知が求められます。

 

厳しい受験資格と試験が設けられているのも、この介護保険制度の枠内で介護サービスを提供することが求められているからなのです。