ケアマネージャーの研修

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの研修

ケアマネージャーの資格試験に合格しただけでは、ケアマネージャーとして働くことはできません。

 

ただ資格を持っているだけではなく、研修を受けなければいけないからです。

 

この研修は「介護支援専門員実務研修」と呼ばれているもので、絶対に必要なものです。

 

それではこの研修は、いったいどのようなことが行われるのかをチェックしてみましょう。

 

ケアマネの研修では、ケアマネージャーのメイン業務を行う時に必要なことを学べます。

 

要介護認定調査・ケアプラン作成・給付管理の3つについてです。

 

これらのことは知識だけがあっても、実際に行うことで見えてくるものがたくさんあります。

 

そもそもケアマネージャーの試験では、これらのことについて触れることがないため、この研修を受けなければケアマネージャーとしての業務はできません。

 

実務研修は、全部で44時間の研修となります。

 

研修内容は基本的に同じなのですが、各都道府県によって異なる場合があります。

 

いったいどのような研修が行われるのだろうかと気になっている人もいると思いますが、まず資格試験に合格することが前提となっていることを忘れないでください。

 

ケアマネージャーの研修自体は、しっかり最後まで受ければ問題ありません。

 

身につけることが前提なので、ここで不合格になるということはありません。

 

この研修を最後まで受け、介護支援専門員名簿に登録され、登録証明書が発行されればケアマネージャーになれるということです。