良いケアマネージャーとは

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

良いケアマネージャーとは

ケアマネージャーの資格さえ持っていれば、それだけで社会から認められる立派なケアマネであると胸を張っていいのでしょうか?

 

ここでは、良いケアマネージャーとはどうあるべきかという点について考えてみたいと思います。

 

現在多くの人がケアマネージャーとして活躍していますが、質が良いサービスを提供できている人もいれば、あまり質の良いサービスを提供出来ていないという評価の人もいます。

 

大勢いるケアマネージャーの中から、少しでも良い評価を受けられるケアマネとなるために、必要なものをチェックしてみましょう。

 

ケアマネージャーとして良い評価を受けるためには、サービス利用者から安心して仕事を任せてもらえる人、という部分を認めてもらう必要があります。

 

ただ単に必要な仕事を機械的にこなしていけるだけではなかなか評価につながりません。

 

そこから一歩踏み込んで、サービスを受ける側の気持ちにたって仕事をこなす能力がないと良いケアマネージャーと呼ぶことは出来ません。

 

また、人と人とのかかわりが大切な仕事ですので、コミュニケーション能力に長けていることは、絶対に必要なことです。

 

根暗で無口なケアマネージャーなんて、ちょっと仕事をお願いしたくありませんね。

 

ケアプランを作成したあとも定期的なケアを忘れず、さらに利用者と良い関係を作れなければいけません。

 

また働いている職場の人とも良い関係を築けていることが、サービスの向上につながります。

 

さらに、サービス利用者の家族に対しても最大限の配慮ができることが、良いケアマネージャーと評価されるために必要な資質となります。