ケアマネージャーの通信講座で教育訓練給付制度

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの通信講座で教育訓練給付制度

ケアマネージャー試験対策の通信講座は、スクールに通う時間のない人にとっては救世主です。

 

仕事を持ちながらでも、ある程度自分で自由にスケジュールを決めることができ、課題をこなしていくことによって試験日まで着実なペースで勉強することができます。

 

参考書と問題集を使っての独学も悪くはありませんが、どのようなスケジュール勉強したらいいかわからない人や、課題提出などの目標がないと勉強を継続出来ないという人には通信講座はお勧めです。

 

しかし通信講座は、参考書代だけで済む独学にくらべて費用がかかりますので、通信講座に申し込むからには、最後までやり遂げる強い意志を持って挑戦してほしいと思います。

 

また費用面でいえば、通信講座の場合学費が一部免除になるケースもあります。

 

これは雇用保険に加入している人や現在離職している人が、教育訓練を受けた時に支払った学費の一部が支給されるというものです。

 

その教育訓練は厚生労働大臣が指定するものですが、それに該当しているなら支払った学費の20%(最大10万円)が支給されるのです。

 

20%といっても全額を負担することを考えたら、かなりお得な制度です。

 

たとえば、5万円の費用がかかる通信講座であれば、1万円が支給されるということですね。

 

もちろん教育訓練給付制度は、それに対応している通信講座でなければ利用することはできません。

 

しかし一般的な人気のある通信講座は対応している場合がほとんどですので、確認してみるといいでしょう。

 

ちなみに利用するための条件は、雇用保険の一般被保険者としての期間が3年以上であることです。