ケアマネージャーの試験の歴史

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの試験の歴史

ケアマネージャーの試験の歴史は、実はまだかなり浅い歴史しかありません。

 

ケアマネージャーの第1回の試験が行われたのは、1998年のことです。

 

まだ10数年の歴史しかないことになります。

 

そういった意味では、日本は先進国とはいえ、福祉に関しては発展途上国といえるかも知れません。

 

高齢化社会がどんどん進んて行って、これからの日本にとって福祉が重要なテーマになるということに気がつき、介護保険制度が発足しました。

 

ケアマネージャーの歴史は、その介護保険制度の歴史とかぶることになります。

 

ケアマーネジャーの第1回の試験が行われた時には、日本はすでに高齢社会に突入しており、近いうちに超高齢化社会に入ることが予想されていました。

 

高齢社会とは総人口に対して65歳以上の人口が14%から21%の場合にそう呼ぶようです。

 

超高齢化社会となると総人口に対して65歳以上の人口が21%を超えるということになります。

 

日本は2007年には21%を超えました。

 

そして、現在は4人に1人が65歳以上というまさに超高齢化社会となっているのが日本の現状です。

 

ケアマネージャーの第1回試験の合格率が40%代と高めだったのは、超高齢化社会を危惧して、多くの有資格者を育成することが急務だったからだと言われています。

 

福祉を充実させるためにも、福祉のプロフェッショナルとして資格を持ったケアマネは欠かせない存在と考えられたわけです。

 

その後、有資格者の数がある一定数に達したことにより、徐々に試験の難易度を高めていき、現在では、ケアマネ試験の合格率は20%前後の落ち着いているようです。