ケアマネージャー試験の背景

ケアマネ試験に最短で80%合格する勉強法

ケアマネ試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

ケアマネ試験に80%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

ケアマネージャーの試験の背景

ケアマネージャーの試験が実施されるようになった背景には、介護保険制度の導入があります。

 

介護保険制度とは、高齢化が進む日本において、介護を必要とする方や家族の方が利用できるように制定されたサービスです。

 

介護保険制度がスタートするまでは、介護サービスに関する業務を社会福祉士や社会福福祉主事が兼任していました。

 

しかし、より専門的な知識を持った人がサービスを提供できるようにと、ケアマネージャーが誕生したわけです。

 

ケアマネージャーと呼ばれる資格ができても、実はすぐに有資格者受け入れられたわけではありませんでした。

 

ケアマネージャーは、介護保険の給付管理をするためだけの資格と考えている方も多かったようです。

 

その後、ケアマネージャーの有資格者の数が増えるにつれて、ケアマネ本来の仕事が多くの人に理解されるようになり、現在では多くのケアマネ有資格者が様々な職場で活躍しています。

 

 

また、介護保険制度の改正にともなって、ケアマネージャーの資格は永久なものではなく、5年ごとの更新が義務づけられました。

 

高齢化社会の日本において、よりよいサービスを提供するために、ケアマネージャーの資質を維持することは必要条件です。

 

今後は、単にケアマネの資格を持っているだけではなく、資格取得後に経験を積み、レベルの高い仕事をこなすことが出来るケアマネージャーが求められるようになることでしょう。